ドレッセ世田谷下馬

Equipment

Structure確かな品質で末永い暮らしにしっかりとお応えする構造。

  • 綿密な地盤調査
    参考写真

    綿密な地盤調査

    設計にあたって、地盤の特性や許容支持力を正確に把握するために、事前に土質の試験と標準貫入試験など、入念な地盤調査を実施。調査結果をもとに、建物に対して最も適した基礎方式を選定しています。

    ※構造耐力上主要な部分を対象とします。

  • N値50以上※の 強固な地盤に基礎杭で支持
    杭基礎工法概念図

    N値50以上
    強固な地盤に基礎杭で支持

    盤調査の結果をもとに、地表面から約15m以深にある固く安定した「泥岩」を支持地盤とし、既成杭にて建物を支持させています。

    ※標準貫入試験において、N値50以上は非常に固い地盤といわれています。

  • コンクリート強度
    概念図

    コンクリート強度

    建物の構造耐力上主要な部分には、設計基準強度30N/mm²以上のコンクリートを使用しています。これは、1m²で約3,000tの圧縮力に耐えられる強度を意味しています。

  • 水セメント比 50%以下
    コンクリート構成(重量比)

    水セメント比 50%以下

    コンクリート内の水とセメントの重量比を50%以下にすることで、躯体の耐久性を高め、劣化等級3を取得しています。

    ※構造耐力上主要な部分を対象とします。

  • コンクリートのかぶり厚さ
    概念図

    コンクリートのかぶり厚さ

    鉄筋のさびを防ぐためにコンクリートのかぶり厚さを適切に確保しています。

  • 二重床・二重天井構造

    二重床・二重天井構造

    専有部の床スラブ厚は、約200mm以上を確保し、二重床には軽量床衝撃音低減性能の等級がΔLL(Ⅱ)-3(メーカー表示)の製品を採用し、遮音性に配慮しています。

    ※公的試験機関においてJISの定める方法に従って実施した実験データに基づき、メーカーが表示した軽量床衝撃音レベル低減量を示したもので、竣工時の実際の住戸内での遮音性能を表すものではありません。

  • 戸境壁鉄筋コンクリート壁

    戸境壁鉄筋コンクリート壁

    隣合う住戸間を区切る戸境壁は鉄筋コンクリート壁の厚さを約180㎜以上確保し、隣戸とのプライバシーに配慮しています。

  • 住宅性能評価〈劣化の軽減に関すること〉において最高等級3を取得

    住宅性能評価において劣化対策等級3を取得。通常想定される自然条件及び維持管理の条件の下、3世代(おおむね75~90年)まで、構造駆体等に関わる改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策が講じられていることを意味しています。

  • 設計住宅性能評価書
  • 建設住宅性能評価書(取得予定)
  • 住宅性能評価〈劣化の軽減に関すること〉において最高等級3を取得

    住宅性能評価において劣化対策等級3を取得。通常想定される自然条件及び維持管理の条件の下、3世代(おおむね75~90年)まで、構造駆体等に関わる改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策が講じられていることを意味しています。

TOP
現地案内図 物件概要 資料請求 来場予約